本文へスキップ

鎌倉の風致をまもろう 鎌倉風致保存会ロゴマーク KAMAKURA TRUST

コラム・エトセトラCOLUMN

鎌倉風致保存会の会員ニュース「七くち五さろ}(季刊)からの転載です。

*過去記事はアーカイブに収録しています

<歴史コラム>
由比浦 かっての砂丘に建つ寺社 

写真上:由比ヶ浜付近地図 鎌倉と言えば三方の山と前方に広がる海が地形的な特徴である。鎌倉の市街地には滑川が、朝夷奈、十二所から浄妙寺にかけて西に、大町からは南に流れて湾のほぼ中央に流れ込む。魚町橋から国道134号線に続く道は湾曲するように斜めに通つている。この道沿いに辻薬師や元八幡宮、本興寺、妙長寺、向福寺、九品寺、補陀洛寺等が続いている。
 滑川とこの道の間の材木座の路地は複雑に曲がっている。これはかつて滑川の河口が今よりも東側にあった名残で、河口部には潟湖が出来ていたと想定される。前述の寺社は皆、かつての砂丘の上に建っている。さらには山内の円応寺の前身である新居閻魔堂も存在していた。
 滑川河口に砂がたまり、砂洲が成形され、さらにそれが発達すると河口部に入江状の湖が出来る。これが潟湖(ラグーン)である。長谷の水無瀬川(美奈能瀬河)の河口部、今の江ノ電長谷駅付近にも同様の潟湖があったと思われ、その浜辺は御霊神社にちなみ御霊前浜と言われていた。同様に滑川の河口部は今は由比ヶ浜海岸と呼ばれているが、当時は前浜あるいは由比浦とも言われていた。
 潟湖を埋め立てて発達していった街として大阪市があるが、東京も神田川の元となった平川が日比谷に流れ、今の日比谷通りに沿って日比谷入江が存在していた。昔の絵図の描き方を見ると湾というよりも潟湖であった可能性も高い。横浜も入江の前に大きな砂洲のある地形であったが、江戸前期に入江が埋め戻され吉田新田ができ、さらに幕末になると砂洲が埋め立てられ横浜港が設けられた。  このように浅い入江や潟湖、低湿地帯を埋め立ててつくられた街は水運に長けていた。そのため重要都市が発達していく。鎌倉はその先駆けであったかもしれない。
 道筋の形等は開発前の地形に影響される場合が多い。現在の地形図を眺めて昔のあり様を思い浮かべるのも面白いものである。  (大竹正芳)
  写真中1
写真上:現在の由比ヶ浜から材木座付近 かっての滑川河口部は今より東側にあった

写真中1:辻薬師堂から南へ、横須賀線三浦道踏切方向を望む

写真中2:新田義貞が建立した九品寺

写真下:材木座の路地は複雑に曲がっている




写真中2

写真下

<事務所庭の植物>
−鎌倉風致保存会事務所の庭(登録有形文化財旧坂井邸・庭園)の植物をシリーズで紹介します−

ヤブマメ 


ヤブマメの花写真 10月の庭にはホトトギス、ノコンギクなどが花を咲かせています。また、分けていただいた鎌倉自生のリンドウの苗が初めて花を咲かせました。
  門から事務所に至る通路にはヤブマメの花が咲きます。ヤブマメは林縁などに生育するマメ科ヤブマメ属のツル性1年草で、葉は3出複葉で小葉は広卵形、基部が白く先端が青紫色の花をつけ、花が終わるとすぐに2〜3aのエンドウ豆に似た実をつけます。また、地上部の開放花とは別に地下に潜りこんだ茎には閉鎖花をつけて種子をつくります。地下にできた豆は枝豆と似た味、食感でなかなか美味しいそうです。
  名前の由来は「藪に生える豆だから」、「この草が巻き付くから藪になる」など諸説あるようですが、いずれにしても事務所の庭がどういう所であるかご想像いただけると思います。私が風致保存会に来てから3年半の間この庭にどのような植物が生育しているのかを観察してきた結果、いわゆる「雑草?」の天国と化しています。これらの素材を使い綺麗で手間の掛らない庭を造ることが今後の課題です。(川名達哉)

このページの先頭へ

<みちこさんの料理帖>

栗ようかん 

型に流し込まれた写真

栗の美味しい季節です。今日は小澤さんから教わったレシピです。材料は、梅でも、さつま芋でも代用出来ます。(木原美智子)

<材 料>
栗のペースト(ジャム状のもの)150 c
粉寒天             6 c
水              750 t
砂糖             250 c
水あめ            150 c
    (温度計が必要です)


羊羹のイラスト

<作り方>

(1)栗を茹でて皮をむき、裏ごしをしてペースト状にする。
(2)寒天を鍋に分量の水と共に入れ、充分ふやかしておく。(棒寒天は細かくちぎって1時間ほど浸す)
(3)(2)の鍋を火にかけ煮立ったら弱火にして完全に寒天を煮溶かし、砂糖を加えて中火にし、浮いてくるアクをとりながら、半量くらいになるまで煮詰める。
(4)火を止め、水あめを加えて混ぜ、水でぬらした型に流し入れる。
(5)液が50℃くらいに冷めてから栗のペーストを入れ、箸を4〜5本くらい使って手早くかき混 ぜ、ペーストをむらなく均一にする。(50℃度前後にしなければよく混ざらない)
(6)ようかんは常温でも固まるが、暑いときは冷蔵庫で冷やすと美味しい。

  甘味は材料自体の甘味によって変わってくるので、その都度加減してください。


公益財団法人 鎌倉風致保存会

〒248-0011
神奈川県鎌倉市扇ガ谷4丁目29番1号

TEL 0467-23-6621