本文へスキップ

鎌倉の風致をまもろう 鎌倉風致保存会ロゴマーク KAMAKURA TRUST

活動ニュースNEWS

みどりのボランティアや様々なイベントの最近の活動の様子をご紹介します。

*会員ニュース「七くち五さろ」(季刊)からの転載。

鎌倉市緑化まつり-子供たちの熱意にタジタジ 10月21日(日)

輪投げに興じる女の子
 10月21日(日)に鎌倉中央公園で第30回鎌倉市緑化まつりが行われました。昨年は雨天中止でしたが、今年はまさに雲一つない秋晴れの一日。中央公園フェスティバルも同時開催とあって、お昼頃からは大変な賑わいになりました。
 保存会も活動紹介のパネル展示と竹かっぽや輪投げなどの昔遊びのコーナーで参加。輪投げや玉入れは順番待ちがでるほどの人気で、子供たちの集中力と達成への熱意にこちらもタジタジ。
 中央公園の緑に囲まれ、サンマを焼く煙や大根を煮るいい匂いが漂う中、子供たちとともに大声を出して遊びに夢中になった一日でした。

みどりのボランティア(北条氏常盤亭跡) 10月20日(土)

黙々と草を刈る
繁ったカラムシ

みどりのボランティア(東勝寺跡) 10月13日(土)

北側フェンス前
雨天中止が続き久しぶりの作業です

大佛次郎茶亭公開 10月6日(土)  

写真上段:どうぞ
 10月6日(土)は台風一過の夏日で、気温が30度近くまで上がりました。そのせいか若宮大路を歩く観光客もまばら。茶亭入場者も338人で晴れの日にしては少なめ。そのかわりゆっくりと落ち着いた雰囲気で見学とお抹茶をお楽しみいただけたのではと思います。台風の塩害で庭の秋の草花が傷んでいたのが少々残念でした。(小笠原千秋) 

写真上:鎌倉市役所並びに鎌倉高校茶道部の皆さんによる抹茶の提供
写真下:趣のある茶亭の佇まい
写真下段:茶亭全景


家族で栗拾い 9月8日(土)

上段写真、果樹園内の風景
 9月8日(土)に十二所果樹園で「家族で栗拾い」が行われました。今年は11家族39人(大人21人、子供18人)が参加。台風や猛暑などで、今年は栗の生りがあまり良くなく心配しましたが、孫にイガのはずしかたを教える元気なお祖父さんや、リピーターで手際よく拾ってきたご家族などもいて、参加された皆さんにはご満足いただけたようでホッとしました。合計で18.6㎏をお買い上げいただきました。

写真上:栗を探して広い果樹園内に散開
写真下:あった、あった!


下段写真、栗を拾っている親子

みどりのボランティア(十二所果樹園) 9月1日(土)

作業前の写真

作業前ミーティング 「安全には十分注意を}

地下道ギャラリー展示 8月14日(火)~8月27日(月))

藍染めを展示しているギャラリー
8月14日から27日の2週間にわたり、鎌倉駅地下道ギャラリーにおいて、藍染め体験教室の作品と風致保存会紹介のパネル展示が行われました。

かまくら市民活動フェスティバル 8月25日(土)8月26日(日)

風致保存会の展示コーナー
 8月25日(土)、26日(日)、生涯学習センターで開催されました。20周年を迎え、市内の63団体が参加。中・高生のボランティア協力もあり、映画上映など様々なイベントで盛り上がりました。来場者は1,300人。風致保存会は、活動内容や意義を紹介するパネルを展示しました。

みどりのボランティア(浄光明寺) 8月29日(水))

巨大な石塔
覚賢塔周辺の草刈り

みどりのボランティア(御谷山林) 8月25日(土)

生い茂った草を大鎌で
猛暑の中で草と格闘

みどりのボランティア(十二所果樹園) 8月18日(土))

畑の周囲に茂る草
畑の草取りも大変

みどりのボランティア(泣塔) 8月4日(土)

竹林の不要な竹を切る


みどりのボランティア(内藤家墓地) 8月1日(水))

宝鱜印塔の間の草取り


藍染め体験教室 7月29日(日)  

上段:ロープに引っかけ空気に触れさせる台風一過の7月29日(日)、外は猛暑。教室の中も参加者の熱気でかなり暑く、熱中症を心配しましたが無事午前・午後の部とも楽しんでいただけました。午前は21名、午後は19名の参加。十数年指導してくださっている矢野佳江先生のご長男(小6)も頼もしいアシスタントとして参加(午前の部)。もう一人のアシスタント新谷さんとともに大活躍でした。
(小笠原千秋)
中段:藍染め液に何度も浸ける

下段:講師講評

みどりのボランティア(建長寺回春院) 7月21日(土)

深いスギ林の中


第16回歴史ウオーク 大船地域の歴史を巡る 7月14日(土)

上段第16回歴史ウォークが7月14日(土)開催されました。午後1に時大船駅を出発し常楽寺へ。ここは執権北条泰時の墓で知られたお寺です。少し歩いた先にある多聞院では、寺の奥にある大きなやぐらを見学しました。そこから、大船の鎮守熊野神社を見ながら山道に入ります。ここが「高野の切通」です。そしてその先に「長窪の切通」が続きます。参加者の中から、「知っているつもりの大船にこのようなところがあるとは知らなかった」との声も聞かれました。暑い日の切通を抜ける涼しい風がとても気持ち良く感じました。切通から北西1kmほど先に「鎌倉街道中ノ道」が通る離山があります。離山は腰山、長山、地蔵山のことで、現在山は削られその姿を見ることはできませんが、道の左右の段差に往時を思いながら歩きました。そして最後の目的地は、大正時代に大船駅の東側を高級住宅街「新鎌倉」にする「大船田園都市計画」の跡です。この計画は、世界恐慌の影響で挫折し、現在は「小池邸」一軒にその面影を残すのみでした。
 開催当日は、高温注意情報が出され、心配しましたが、参加された皆さんの健脚は衰えるところを知りません。むしろ鎌倉時代から大正時代と歴史の見どころが多い大船地域の魅力をおおいに感じていました。講師は日本画家・城郭史研究家の大竹正芳さん、参加は講師を含め22名でした。 なお、歴史ウォークに先立ち6月23日(土)実施の座学「歩く前のお話」も13人参加(講師含む)と回を重ねるごとに充実してきたことを併せてご報告申し上げます。 (池田廣昭)
 
下段

<写真>  上段:高野の切通
      下段:常楽寺裏山にある木曽義高の墓

みどりのボランティア(北条氏常盤亭跡) 7月14日(土)

タチンダイへの道際の林


みどりのボランティア(朝夷奈切通) 7月7日(土)

崖上の竹を整理


     

みどりのボランティア(御谷山林) 6月30日(土)

チームプレーで草刈り


みどりのボランティア(大仏切通) 6月23日(土)

峠道を草刈り


     

みどりのボランティア(東勝寺跡) 6月9日(土)

草が伸び放題


梅の即売会 6月3日(日) 今年も人気の即売会  

列を作って順番に 6月3日(日)に鎌倉生涯学習センター前にて十二所果樹園で収穫した梅の実の即売会を行いました。  毎年人気で、今年も販売開始前から列ができました。前日からの収穫、選別、袋詰め、そして販売と、ボランティアの皆さんの大活躍で、今年も約250㎏の梅が1時間で完売しました。ありがとうございました。
 販売に先立っては、収穫、選別、計量、袋詰めと手間の掛かる作業が行われています。



<写真>生涯学習センター前にて

みどりのボランティア(十二所果樹園) 6月2日(土)

親子で梅採り


     

みどりのボランティア(光則寺) 5月26日(土)

竹林の整理


みどりのボランティア(十二所果樹園) 5月19日(土)

作業道際


     

みどりのボランティア(泣塔) 5月12日(土)

竹林の手入れ


旧坂井邸庭園(事務所庭) 植物観察会を開催 3月31日(土)、4月28日(土)

 3月31日(土)と4月28日(土)に行いました。3月は会員を、4月は会員と扇ガ谷上町自治会の皆さんを対象に参加者を募りました。それぞれ17名、21名の参加があり、両日とも気持ちの良い晴天でした。「名前のない草花は無いんだねぇ」とつぶやかれる方や、リピーターの方からは1ヵ月間の草木の変化に驚きの声がありました。また、タチツボスミレの閉鎖花の話には、植物の繁殖にかける使命感に一同で感動しました。  4月の回は旧坂井邸の庭だけでなく海蔵寺近くまで足を延ばしました。ぜひ、秋もという声が多数ありましたので、企画したいと思っています。(小笠原千秋)

ショカッサイが花盛り
川名事務局長の説明に聞き入る参加者の皆さん

古都鎌倉の緑と歴史探訪 4月21日(土) 東泉水ヶ谷やぐら群を訪ねて  

上段:大変な山道 4月21日(土)「古都鎌倉の緑と歴史探訪~東泉水ヶ谷やぐら群を訪ねて~」が開催されました。東泉水ヶ谷やぐら群は知る人ぞ知る、といった鎌倉でもあまり知られていないやぐら群です。それだけにたどり着くまでが大変な場所で、事前に笹薮を刈って道を作り、当日ロープをかけて登りを手助けしたりしました。参加者の皆さんから大変珍しいものを見ることができたと感動していただいき、怪我なく終えたときは、スタッフ一同ホッと安心しました。
  次の西泉水ヶ谷 にある松久寺はかつての泰安寺跡といわれ、本堂背後のやぐらとともに、本堂左側の大きな岩が重なった一角を拝観しました。中世の寺院庭園のなごりということで、圧巻のながめでした。 途中、講師の八幡義信先生が「大倉幕府跡」(雪ノ下の清泉小付近)の保全に関して熱く語られる場面もあり、鎌倉の史跡の保全について深く考えた一日でした。保存会22名、共催のかながわトラストみどり財団は21名の参加でした。 (加藤邦子)

下段:やぐらの前で

<写真>上段:やぐらへの急登  下段:やっとたどり着いたやぐらの前で八幡先生の解説を聞く

みどりのボランティア(御谷山林) 4月21日(土)

斜面地で大変
繁り過ぎた竹を伐採

みどりのボランティア(建長寺回春院) 4月14日(土)

シャガの花畑
シャガの花がもう咲き始めている

大佛次郎茶亭公開 4月7日(土)  

上段:どうぞ
 公開日の4月7日(土)は「花に嵐」の強風が吹き荒れた一日でした。庭の枝垂桜やしゃくなげ、牡丹も咲いていましたが、強風に加え午後からの肌寒さで入場者は483人と少なめでした。
 ここ数回、公開日のお天気に恵まれていません。秋の公開(10月6日)の晴天が望まれます。  例年どおり鎌倉高校と鎌倉市役所の茶道部がお手伝いくださいました。(小笠原千秋)
下段:桜の前で


みどりのボランティア(御谷山林) 3月24日(土)

はさみを使って
小学生も参加

みどりのボランティア(十二所果樹園) 3月17日(土)

手強い
笹と格闘

中学生ボランティア  

 卒業前の中学生によるボランティア活動が、2月下旬から3月上旬にかけて行われました。残念ながら雨で3校が中止となりましたが、4校517名の皆さんが参加し、無事終了することができました。鎌倉の自然に触れ、風致保存の意義を感じていただけたでしょうか。

第一中学校 和賀江嶋 2月20日

和賀江嶋

御成中学校 東勝寺跡 2月21日

東勝寺跡

玉縄中学校 鎌倉中央公園 2月26日

中央公園

第二中学校 学校林 2月28日

真竹が伸びています

みどりのボランティア(建長寺回春院) 2月10日(土)

蔓延った笹がさっぱりしました
杉林の笹苅り

     

みどりのボランティア(光則寺) 2月3日(土)

急斜面
斜面地の整備

第15回歴史ウオーク 山ノ内と鎌倉街道を訪ねる 2月3日(土)

上段穏やかな日和となった節分の2月3日(土)。北鎌倉駅から最初に向かったのは山ノ内八雲神社です。晴明石や、庚申塔などを見た後は、昔の亀井村市場の鎮守様である八幡神社(小八幡)へ。静かな森の中の急な石段を登ったところにお社はあります。
 その後、横須賀線沿いに歩くと踏切の向こうに「でんすけ山刑場」があり、ここは鎌倉に入る街道の入り口に位置しています。
 次に亀甲山にある厳島神社と成福寺を訪れ、さらに小袋谷川に架かる水堰橋に至ります。この橋は鎌倉街道の基点となる場所で、源頼朝の軍勢が隊列を整えた場所といわれるところです。本日のテーマ「鎌倉街道」の重要な場所に講師の説明にも熱がこもります。
 その後は「台」の鎌倉らしいたたずまいが続く細い静かな道を高台に向かいます。そこは今歩いてきた八雲神社、小八幡の森、横須賀線、小袋谷などが見渡せる場所で、思わず歓声が上がりました。光照寺を最後に約3kmの歴史ウォークでしたが、北鎌倉にまた「新たな鎌倉」を発見したような気がしました。講師は日本画家・城郭史研究家の大竹正芳さん。参加者は講師を含め28名でした。(池田廣昭)
下段

<写真>  上段:鎌倉街道の分岐点であった水堰橋(せい志く橋)・頼朝の軍勢が隊列を整えた場所といわれる
      下段:晴明石を解説する大竹正芳講師

みどりのボランティア(東勝寺跡) 1月27日(土)

寒い、寒い
雪が残る中、倒木と格闘しています

みどりのボランティア(大仏切通) 1月20日(土)

柔らかな日ざしの中で
斜面の雑木整理

みどりのボランティア(十二所果樹園) 2018年 1月13日(土)

梯子を掛けて


ナショナルトラストコンサート開催    音楽で世界のガーデンを巡る 12月17日(日)  

上段 12月17日(日)14時から鎌倉生涯学習センターホールにて、風致保存会主催、「鎌倉を愛する音楽の仲間」並びに「スタジオエスポワール」共催で開催されました。テーマは「音楽で世界のガーデンを巡る」。宇都宮紗智子さんと野田前事務局長が演じるお馴染みの風致夫妻や、大町で毎年オープンガーデンを開催する栂野陽さんが登場。クリスマス前の楽しいひとときとなりました。
中段1

中段2

下段
<写真>
上段 :「ヘンゼルとグレーテル」から ソプラノ 村田望さん テノール・小嶋陽太さん
中段1:左から 栂野陽さん 野田充博さん 宇都宮紗智子さん
中段2:ジングルベル 左から大橋葉月さん 中澤美紀さん 一人おいて 原 博巳さん
下段 :フィナーレはクリスマスソングメドレー 会場全員で

みどりのボランティア(十二所果樹園) 12月16日(土)

お子さんも一緒に草刈り


みどりのボランティア(朝夷奈切通) 12月9日(土)

ノコギリで枝を払う
蔓延ったカラスザンショウ

クリスマスリース教室 12月2日(土)  

説明する講師の松坂さん12月2日(土)鎌倉生涯学習センターで恒例のクリスマスリース教室が行われました。参加者は総勢39名。みどりのボランティア活動で集められた松ぼっくりやもみの木などを材料に、野趣溢れる様々な作品が出来上がりました。講師は華道家・松坂千遊さん。

みどりのボランティア(御谷山林) 11月18日(土)

徹底的に草刈り
里山フェスタの準備ですが中止に

古都鎌倉の緑と歴史探訪 11月11日(土) 巡礼古道を歩く-杉本寺から岩殿寺へ  

上段 秋晴れの11月11日(土)に実施。今回は有名な坂東三十三観音霊場の一番札所、杉本寺から二番札所岩殿寺に行く「巡礼古道」を歩きます。この道は講師の県文化財協会会長八幡義信さんの父上・八幡義生氏(国寶史蹟研究会初代会長)が戦前に調査、発見し「巡礼古道」と名付けられた道です。
 宅間ヶ谷の報国寺の先から古道に入り、きつい山道をしばらく登ると平場に出て、岩壁に等身大の金剛窟地蔵尊像が私達をむかえてくれました。またこの道には庚申塔も多く、昔も今も私達の旅の安全を見守り、願いをかなえてくれています。
 古道は現在、鎌倉逗子ハイランドで途切れ、その先は住宅街の中を歩きます。ハイランドに隣接する「こども自然ふれあいの森」で休憩をとり、富士山の絶景を楽しみました。
 そして一路岩殿寺へ。岩殿寺観音堂からは、近くは逗子海岸と相模湾、遠くは三浦半島、伊豆、房総半島まで一望できました。  かながわトラストみどり財団との共催で、合計40名の参加がありました。(加藤邦子)

下段

<写真>上段:八幡講師の熱心な説明を聞く(金剛窟地蔵尊像前にて) 下段:岩殿寺

かまくら里山フェスタ 11月23日(祝)「鎌倉市古都保存法施行50周年記念事業実行委員会」との共催

ドローンから撮った会場・大勢の人が

 11月23日(祝)みどりの環境感謝の日に御谷の森で開催されました。昨年度から新名称となり、内容も大幅にリニューアルされましたが、今年度が古都保存法施行50周年に当たったことから「鎌倉市古都保存法施行50周年記念事業実行委員会」との共催となり、市役所からの応援も得て賑やかに進行しました。参加は276名と前年に比べ一段と増加し、御谷の森に子供たちの歓声が響きわたりました。          (撮影協力 経遠 修さん)


  里山ふれあい祭り-ヘルメットを被って森の中        

森のパトロールで山の中へ


里山ふれあい祭り-女の子頑張る        

渾身の丸太切り


里山ふれあい祭り-勢いよく輪を投げる        

輪投げも楽しい


里山ふれあい祭り-ドラム缶の焚き火で焼いて        

焚き火でパンを焼いてます
/協力:よねこベーカリー


里山ふれあい祭り-木の上から竹竿を滑り降りる
いつも人気のツリーテラス

里山ふれあい祭り-木っ端を積み上げていく        

ブロックで大きな木を作ろう
・最高新記録か?


里山ふれあい祭り-接着剤で付けていく        

ネイチャークラフト
・松ぼっくりやドングリを使って


里山ふれあい祭り-金槌をとんとん        

小鳥の巣箱作り


里山ふれあい祭り-ポリの大きな袋にむしった草を集めて        

草むしり競争に夢中です


里山ふれあい祭り-竹筒を芯にして        

竹筒バウムクーヘン
・早く焼いてね


公益財団法人 鎌倉風致保存会

〒248-0011
神奈川県鎌倉市扇ガ谷4丁目29番1号

TEL 0467-23-6621