本文へスキップ

鎌倉の風致をまもろう 鎌倉風致保存会ロゴマーク KAMAKURA TRUST

お話サロン

講師を招きお話を聞く、なごやかなサロン。花本孔史さんからのレポートです。
サロンは鎌倉生涯学習センター、若宮大路ビルなどで開催されます。
開催場所にご注意下さい。

*会員ニュース「七くち五さろ」から転載(過去記事はアーカイブに収録しています)

人生百年時代〜健康寿命を延ばそう!

桐生眞明さん写真2019年7月27日(土)
講師:森林インストラクター  桐生眞明さん


 7月のお話サロンは森林インストラクターの桐生眞明さん。テーマは「健康寿命を延ばすために」です。現在日本人の平均寿命は男性82才、女性87才に対し、健康寿命は男性72才、女性75才だそうで、実に介助を10年以上受ける長寿国だそうです。この10年を出来るだけ健康寿命に変えるために何をすべきか。桐生さんが経験則として話された事例の一部を紹介します。○最も大切な食事…自らの歯で食を楽しむため、80才で20本の歯を維持する。歯磨きは左手でも磨けるようにし、右手が磨く苦手部分を克服して、歯垢の磨き残しを無くす。硬い物も積極的に食すれば、顎の骨や、脳への刺激となる効用がある。○腰痛の克服…キックボクシングの回し蹴りをし!?、日ごろ行わない運動をして神経に作用させる。○絶食の勧め…飢餓状態にすると、これによる生体反応が老化要因を抑えてくれる。飢餓状態は人に感謝の念も呼び起こす。○人間関係でストレスをためない…妻にも定年退職を認める。そして相手に何かを求めない。してもらいたいことは自分でする。これにより熟年離婚は避けられた。桐生さんのお話はひとつ一つ理にかなっていてとても勉強になりました。時間が足りず聞けなかった項目もあり、残念に感じました。またの機会を期待したいと思います。早速就寝前の歯磨きを左手で挑戦し始めました。左手より頭の方が左右によく動いておりました。
 


美しく逞しい〜ルーペの奥の小さな雑草たち

金子正美さん写真

2019年5月25日(土)
講師:森林インストラクター 金子正美さん


  令和元年最初のお話サロンは森林インストラクターの金子正美さん。テーマは「美しく逞しい〜ルーペの奥の小さな雑草たち」です。当日金子さんはレジュメとしてご自身で撮影された10種の雑草のカラー写真を示されました。キュウリグサ、ヒメウズ、ナズナ、ヒメオドリコソウ等々どれをとっても肉眼では構造、形などがよく見えない、小さな花を付ける植物です。金子さん曰く、「これらの小さな花は、まさにルーペの出番を待っている植物です。雑草と呼ぶのは失礼なくらい。みな美しく、コンテストに出られるほど。ルーペを覗く楽しみを教えてくれます。」また花後の結実した種も極小で、その数や形など、日ごろ見ることの出来ない世界をルーペは楽しませてくれます。金子さんは手軽に出来る拡大写真の撮り方も伝授してくださいました。小さな植物は都心の雑踏の中にも逞しく花をつけており、ルーペがあればこれを楽しめます。ただ、地面を覗きこむ不審者に疑われないようにとの注意もありました。小さな道具、ルーペを持てばそれまで足を踏み入れたことのない、美しく逞しく生きる植物の世界が広がっていくようです。  


絵心不要!楽しいガイドマップの作り方

岡部俊生さん写真2019年3月30日(土)
講師:森林インストラクター  岡部俊生さん


 今回のサロンの副題はiPhotoDrawでオリジナルガイドマップを作る…元になる画像にいろいろ書き込み、好きな情報を追加できるソフト…とあります。
  今までのサロンと異なり参加者の多くがパソコン持参です一体どんなことが出来るのか、電子情報の書き込み等、加工が出来るソフトだろうとは理解しましたが。
  まず都内の大きな公園のネット上の案内イラストを例に説明。岡部さんはそのイラストに森林インストラクターならではの“松めぐりマップ”と書き加えます。マツ科の樹木を探し出し、欄外へ窓枠を作り、名前などを書き込んでその場所へ線を引きました。観察者が楽しめる、解かりやすい案内になりました。
  次の例はガラリと変わり、あの「鳥獣戯画」が対象です。サルやウサギなどの表情、しぐさなど実に物言う図ですが、そのサルやウサギに吹き出しを付けて言葉を喋らせるのです。これはまた楽しい遊びになりました。
 余談ですが、手塚治虫の漫画の枠を飛び出した型破りの手法を思い出したり、欄外の窓や白抜きは意外と注目させると発見しました。
 


庭園空間の変遷についてく

相原基行さん写真

2019年2月23日(土)
講師:森林インストラクター 相原基行さん


 過去のサロンでも庭園に関してのお話をうかがっておりますが、植栽のお話が主だったと思います。相原さんは大学で造園学を修められました。当時の資料を見ながら、“昔の話”と断りつつ、少し懐かしそうにその一端をお話下さいました。
  まず原始時代、庭園は自然に多少の加工を加えたものでした。その後古代から、飛鳥、奈良、平安時代へと支配者が現れると共に、庭園は外部空間としての認識がなされるようになります。
  中世になり鎌倉、室町の武士階級の時代が到来すると、禅宗や茶の湯の広まりによる要請から、塔頭や粋人の茶室の庭園へと展開していきます。
 江戸時代の桂離宮や修学院離宮の成立で日本庭園としての完成をみるようです。 尾形光琳のころにはあの紅白梅屏風図が似合う庭園だったのでしょうか。
  学生時代のことですが、広島市内の初代浅野藩主が創らせた縮景園の前に下宿しておりました。県が管理する大きく立派な庭園でしたが、もう一度行ってみたくなりました。
 


主婦目線からの食の安全

岡部桂子さん写真2019年1月26日(土)
講師:森林インストラクター  岡部桂子さん


 当日はケーブルテレビ・J―COMの取材が入り、皆さん少々緊張の中で始まりました。岡部さんは子育てのさなか、生協に加入、食品添加物に触れたことで関心を持ち、知識を増やされたようです。食品衛生法による食品添加物の定義は、@指定添加物、A既存添加物、B天然香料、C一般飲食物添加物の4つで、1400種類を超える品目が規定されているそうです。各添加物の説明が始まり、今日は少々固い話かなと思ったところ、そうではありませんでした。
  テーブルにハム、ちくわ、キュウリの漬物、ポテトチップスの順に食品が置かれます。AとB2種類に分けられており試食して添加物が有るか無いか、多いか少ないか、味の感想どちらを購入したいかなど参加者に問うテストです。食べ物を前にすると緊張がほぐれて雄弁になり、取材のカメラを忘れました。
  主婦目線の話も解りやすく、説明を聞くうち、我々の食生活がいかに多くの食品添加物に囲まれ、添加量が未知であるかを考えさせられ、個々人の知識を増やし防衛しなければとの思いに至ります。
  遠い産地ではなく「至近でとれた食材を添加物なく食す」ことを究極の策にすれば、改善へ向かっていけるのではと思いました
 


ナノの世界を覗く

片桐和彦さん写真

2018年12月22日(土)
講師:森林インストラクター 片桐和彦さん


 ナノメートルとは100万分の1ミリの大きさ。どう頭をめぐらせても想像を超えた世界で実感は湧きません。小学生の頃チョウやガの鱗粉を顕微鏡で覗いたのは60〜300倍位まででしたか・・・拡大してみる世界は楽しい時間でした。
 自己紹介で半導体の設備に関わったと話され、電子回路が生まれ、その微細化が急激に進んだ時代を思い出し、少しだけ理解に近づいた気分になってきました。
 話は進みナノテクノロジーとは「分子、原子の超微細領域で構造を制御することで、本来の目的に究極的な解決策を提供する革新的な技術」とまた難解です。凡人には分子、原子とは既に神の領域のように思えてくるのですが。医薬品、化粧品など多くの分野で応用が期待される一方、超微細が故にそのリスクの検証も唱えられているようです。
 お話を聞きながら、昔見た映画「ミクロの決死圏」を思い出しておりました。潜航艇と人体をミクロ単位に小さくし、患者の血管に送り込み脳の患部を治療する。奇想天外に思えたことが現実となってくる時代。ナノテクが負の側面を制御し、社会へ貢献することをを素朴に願うものです。
 


チョウ・自然との共存のシンボル

坂本勝彦さん写真2018年11月24日(土)
講師:森林インストラクター  坂本勝彦さん


 お話は鎌倉で見る事の出来るチョウ約60種を主な5つのグループとして、坂本さん自ら撮影した写真を見ながら説明して下さいました。その写真はどれも素晴らしい写真です。生きたチョウをどの様に撮るのですかと質問が出ました。望遠が多いようです。
 卵を産み付ける植物は幼虫の餌となる植物で、では成虫が好む蜜の花とはどんな植物なのか。またチョウの寿命、活動範囲などのお話も。中には花の蜜ではなくアブラムシを餌とする肉食系のチョウもいるようです。  ボランティアとしてチョウを飼い、卵を産ませ幼虫から成虫へと育て放つ活動もされているようです。昔作った標本のアカボシゴマダラを持ち説明する坂本さんの目は実に優しく見えました。
 ある参加者から「最近どこでも草を刈りすぎる。大事な植物もチョウの餌も刈ってしまう、何とかならないか。チョウの為の環境保全は自然界のバランスの上に成り立つ。それは人間も含めた全ての生物の保全につながる」との意見が。
 お話を聞きながら思い出しました。庭のミカンで幼虫になったアゲハが葉を食べる様子の豪快で素晴らしい事。少し耳を近づけると、その旺盛な食欲の音が聞こえてきます。ボリボリボリというか、バリバリバリと聞こえます。思わずその姿と音に元気をもらったことを思い出しました。
 


近世城郭の変遷と木造復元について

横山俊輔さん写真

2018年9月29日(土)
講師:森林インストラクター 横山俊輔さん


 日本人の歴史を語る時の建造物遺産は神社仏閣であり、また城郭が直ぐに思い浮かびますが、サロンのテーマとしては初めてのようです。「城とは何か」で始まり「近世以前の城」「近世城郭とその分類」「天守の区分」と話は進み、「復元とは」「木造復元について」、また「日本各地の復元計画の紹介」と続きました。
 当初の防御を目的とした城から威信を誇示する城へと変遷し、目的を達した後は廃城となる歴史。城郭の価値が見直される現在の復元と復興の違い。世界遺産を審査するイコモスの「本来の時代の、在るがままの姿を留めることを基本とし、一切手を加えない」という基本理念により復元遺産の認定は厳しい・・・など、興味あるお話を頂きました。
 最後に横山さんの森林に係るお仕事に関連し、日本の森林資源活用の必要性について話がありました。先人が苦労し植林した森は大きな財産となっています。その活用策など、座学としてサロンのテーマに欲しいものです。
 


公益財団法人 鎌倉風致保存会

〒248-0011
神奈川県鎌倉市扇ガ谷4丁目29番1号

TEL 0467-23-6621